葬儀費用 葬儀価格 お葬式代 お葬式価格

葬儀料金(葬儀費用)が安い理由

 

大阪・奈良・京都・尼崎・生駒・堺などにて経験豊富な葬儀社が立ち上げた。

関西のお葬式のプロの集まりです。不必要な品をプランから排し低価格葬儀にてお葬式価格の適正な金額を提示しています。ネットなどのお葬式平均価格に騙されないでください。

お葬式は決して高いものではありません。

 

インターネットの普及により、いろいろな分野にてポータルサイトや、全国展開と称しての紹介サイト、大手流通企業が行っている大手ブランド商法等葬儀業界も例外ではありません。

葬儀は地域によって、習慣が違います。近隣で見ても九州・四国・北陸と関西では葬具等も違いがあります。 又一軒、一軒のお葬式は違います『個』は違うのです

故人の遺志や個人への想い等を考慮すべきが『葬』だと私たち葬儀社は考えます。

関西の葬儀の経験豊富な葬儀社・葬儀屋が集まり関西らしいお葬式を考えていきたい・・・・

紹介サイトにて葬儀社を紹介する場合良く現地スタッフとか現地の担当者等が対応いたしますと言われますが、IT企業のコールセンターにはお葬式の現場で葬儀を経験した人間は殆ど皆無です。

その地域の葬儀社を登録させて、コールセンターのマニュアル通り葬儀社を紹介しているだけです

関西の例で言っても大阪市内の葬儀を奈良県の業者を紹介している例もあります。

上記が悪いわけではありません、でもその紹介サイトでは大阪の葬儀社が多数登録しているのですが何故か遠方の葬儀社を紹介しています。

関西の葬儀は関西でとの思いで、私たちは関西での統一料金を考えました。

関西在住の親戚や友人・知人が同じ規格にて同じ料金でお葬式ができないか、又葬儀のことは葬儀の専従の経験豊富な葬儀社の手で行いたい。葬儀の現場はマニュアル通りにできないことがしばしばあります。経験豊富な葬儀社にて葬儀を行いましょう。

 

 

全て込みのプランに落とし穴があります。大事なお金を損していませんか

 

プラン料金に火葬料金込み等とあるのはおかしくないですか

関西で言うと市民料金 大阪市1万円 京都市1万五千円 堺市2万円 吹田市7,000円

高槻市2万円 茨木市1万9千円 河内長野市2千円 生駒市6千円 尼崎市1万3千200円

等など 各火葬場により、異なります 又大人(12歳以上)小人でも料金が違います。

プランに火葬料金を含むプランは要注意です。

又、式場料金込も又然りです。

10名程度の家族葬を行う場合と100名規模の葬儀・告別式を行う場合でも式場料金が違います。

例えば大阪市立北斎場小式場2万4千円中式場8万円大式場16万円瓜破斎場4万8千円

堺市立斎場小式場5万円大式場7万円靜香苑10万円民間霊安室1日1万円等です。

地域式場によって料金が違うため統一価格はできません。

だから、『葬儀の窓口』では火葬料金と式場料金は別料金です。

 

自宅にてお葬式・家族葬をすれば上記式場料金はいりません

 

葬儀の窓口のプラン内容は、お葬式に必要な最低限の品は含めています。

勿論プランだけでもお葬式ができる内容にしています。

家族・知人だけのお葬式に粗供養品を用意しないお葬式も増えています

又、杓子定規的な料理も用意せずにファミリーレストラン等で会食を済ます方もあります。

本当に故人を偲び、故人の為の供養なら上記は必要が無いと考えませんか・・・・・

用意しても、用意しなくても故人への追悼の想いは変わりません

勿論『葬儀の窓口』にてもオプション品として

粗供養・料理・湯灌・タクシー手配・マイクロバス手配・等取り扱っています。

但し、強制ではありません。必要な品だけをお選びください。

 

 

 

火葬・直葬プランでも必要な品だけを選ぶとこんなに安くできます

 

火葬だけなら本当に73,500円にて行っています。

オプション品は

遺影写真 15,750円 枕飾り・自宅飾り一式15,750円 仏衣5,250円 霊安室1日1万円

 

上記枕飾りは三具足やローソク・線香・お鈴等はホームセンターやダイソーさんにも売っています

事前にお買い求めいただいておけば、料金が安く上がります。

 

遺影写真もスナップ写真をそのまま飾る方も増えています

 

火葬・直葬なら必要な品だけを選びましょう

 
 
葬儀の窓口 受注 相談センター 電話 072-923-4233  所在地 大阪府八尾市本町5-1-12